乳酸菌はすごい!

乳酸菌はすごい!

乳酸菌が健康に良いことは誰もが知っていることですが、どういった働きがあるのか、そのすべてはなかなか把握しきれていないのではないでしょうか。

まずは腸での働きを見てみましょう。善玉菌を増やし、腸内環境を良くするのに役立ちます。乳酸菌にもいろいろな菌株があり数えきれないほどの種類がありますが、それぞれ働きが変わってくるのです。その中の一つには腸壁を強くして不要物を取り込まないようにする、などというものもあり、乳酸菌の奥深さがわかりますね。最近はテレビなどの特集も増え、腸内環境が健康全般を左右する、ということも有名になってきました。

善玉菌を増やすのはもちろんのこと、抗菌、抗ガン作用まであり、免疫力アップにも有用なんだとか。腸内の悪玉菌を全滅させることは不可能で、悪玉菌がいないと逆に健康は維持できないのですが、継続的に乳酸菌を取り入れることで、腸内の善玉・悪玉のバランスを良い状態で保つことが大切です。

腸内での働き以外のものでは、口内での乳酸菌の働きが挙げられます。口内では口臭を防ぐ働きをします。即効性はないので、口臭予防の働きをする菌株を継続的に摂取しなくてはなりませんが、こんな働きもあるのです。

乳酸菌は、もちろん摂り過ぎによる副作用もなく、ほとんどが食品から摂取できるので、納豆、漬物、味噌など、日本の伝統食品を積極的にとり、健康維持に役立てましょう。食品から摂れない菌株については、サプリメントを上手に利用していきたいものです。