乳酸菌はすごい!

乳酸菌でインフルエンザを撃退しよう

秋から冬にかけて、寒いときは春にかけても流行しているインフルエンザですが、実は乳酸菌にはインフルエンザウイルスを撃退できる効果があるということがわかってきました。そのことについて説明します。

インフルエンザウイルスは、からだの免疫力の低下が原因となり発症しますが、発症すると高熱がでたり、頭痛や咳、関節痛などとてもつらい症状です。

免疫機能が働いていればインフルエンザウイルスの侵入を防ぐことができますので、その結果インフルエンザにはなりません。その免疫力を上げるためにどうしたらいいのかということですが、免疫力アップのためには腸内環境が大事で、腸内環境がきれいであれば健康でありといっても過言ではないほど腸内環境は大事です。万一腸内環境が悪化してしまった場合、腸内の有害な菌が増えてしまうと、腸名にある免疫組織が傷つけられ、免疫力の低下を招いてしまいます。

そこで腸内環境を正常に保つために登場するのが乳酸菌であり、乳酸菌は、腸内環境を整える働きをもっていますのでぜひ摂取したいですね。

乳酸菌の善玉菌を増やして腸を整えたり、腸内の免疫細胞を活性化させる働きにより腸内環境を整えましょう。

乳酸菌の摂取として食品からの摂取により腸まで乳酸菌を届けることをしなくてはなりませんが、乳酸菌を持っている食品は、ヨーグルトや納豆、キムチなどに多く含まれています。ただ、毎日摂取することが大事なので、継続的に食品からの摂取が難しいときはサプリメントで補うとよいですね。