乳酸菌はすごい!

どういうもの?植物性の乳酸菌

乳酸菌といえばヨーグルト。整腸作用があって体にいい、そんなイメージをお持ちの方は多いかもしれません。もちろんその通りではありますが、それだけではないのです。

そもそも乳酸菌とは何なのでしょうか。「乳」とつくので乳製品に関係あるのかな、と思ってしまいそうですね。実は乳製品とは関係なく、糖類を分解して乳酸を作り出す細菌類の総称なのです。牛乳から作られたチーズやヨーグルトは動物性乳酸菌と呼ばれます。野菜などの発酵食品に含まれる乳酸菌は植物性乳酸菌と呼ばれます。

では植物性乳酸菌の食品とはどのようなものがあるのでしょうか。味噌、しょう油、日本酒、たくあん、ぬか漬けといった日本食の定番が挙げられます。また、韓国のキムチ、中国のザーサイ、ドイツのザワークラフトなども植物性乳酸菌による発酵食品です。

ヨーグルトなどの動物性乳酸菌は安定した環境でしか生息できませんが、植物性乳酸菌はより過酷な環境で生きていけるのでいろいろなところに生息しています。どんな植物にも住みつき、栄養が豊富でなかったりバランスの悪い場所、塩分の高い場所やほかの種類の微生物がいても生息します。そのため、世界中の様々な食品に植物性乳酸菌が含まれているのです。

乳酸菌の効果は、腸内環境を整える、免疫力の向上、コレステロールの低減などがあります。動物性でも植物性でも同じような効果が期待されています。動物性乳酸菌だけでなく、植物性乳酸菌も食品やサプリメントなどで上手に摂りたいですね。