乳酸菌はすごい!

インフルエンザ、花粉症対策に乳酸菌

今季もインフルエンザが大流行しました。暖冬のため、流行の時期がずれ、花粉症の季節と重なり、大変辛い思いをした方も多かったのではないでしょうか。

インフルエンザには予防接種が有効と言われていますが予防接種してもかかった方は大勢いました。予防接種は重症化を防ぐことはできても、インフルエンザにかかることを完全に防ぐことはできないのです。手洗いうがいなど、ウイルスの侵入を未然に防ぐことは最重要ですが、常日頃から、体調を整え、免疫力を高めておくことがとても大事です。

まずは、規則正しい食生活、十分な睡眠時間を取ること。それは何よりの自己防衛になります。そして、免疫力はそのほとんどが腸内環境で決まります。この時期になると、ヨーグルトや乳酸菌の話題が多くなります。乳酸菌によって腸内環境を整えることによってインフルエンザや花粉症の予防になるのです。

腸内は、大きく分けて善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三種類の菌がいます。このバランスで、免疫力は決まって来ます。腸内の菌のバランスは早々簡単には変わりません。ですからインフルエンザに良いとされるヨーグルトを一度食べるだけで効果があるわけではありません。日常的に、自分に合った乳酸菌や発酵食品を食べて健康な腸にしておく事が、ウイルスに負けない身体を作る第一歩になるのです。

インフルエンザは重症化すると恐ろしい病気です。感染力も高いのでちいさなお子さんがいる家庭では特に、普段から発酵食品やヨーグルトなどの乳酸菌食品を献立に盛り込むと良いでしょう。